『海にしずめる』@高崎映画祭

高崎映画祭
http://takasaki.film.gunma.jp
『海にしずめる』
2013年/53分

3/30(日)17:30~18:23 シネマテークたかさき
4/1(火)15:30-16:23 シネマテークたかさき

(4/1の上映後に出演者の三浦英さん石橋征太郎さんの舞台挨拶がございます)

監督:田崎恵美 脚本:横川僚平、田崎恵美
出演:遠藤新菜、三浦英、石橋征太郎、北村岳子、真柳美苗、小宮一葉、田村健太郎、
宮部純子、カトウシンスケ、藤田健彦、藤田みか


umini1.jpg


母子家庭で育った少女は、母の結婚を機に、
自分の本当の父親を知りたいと、その可能性のある兄弟を訪ねる。
その少女は兄弟のかつての幼なじみの女にそっくりであった。
互いに心当たりのある兄弟は、娘かもしれない少女を前にして、父親かもしれない自分に困惑する。
変えることのできない過去。しかし時間は否応なしに進む。
真実を目の当たりにした家族を見つめるまなざし。落ち着いた余韻、音楽、そのバランスの妙が光る珠玉作。
(高崎映画祭)


過去に目を瞑り現在を生きる兄弟の元へ、ある日1人の少女がやって来る。
自分の本当の父親を知りたいと言うその少女は、兄弟のかつての幼馴染みの女に瓜二つであった。
互いに心当たりのある兄弟は、父親かもしれない自分に困惑する。
動かしようのない過去の“棘”が痛む。一方、それでも現在の営みは存在する。
事実を前にした家族への眼差しの妙。その優しさの均衡や、軽やか且つ落ち着いた余韻が素晴らしい。
(ちば映画祭)


umini2.jpg




【監督プロフィール】
tazaki-b2.jpg
1987年生まれの映画監督。
お茶の水女子大学に在学中の2007年に早稲田大学映画研究会に入り、自主映画を監督するようになる。
2011年に第64回カンヌ国際映画祭の短編コンペティション部門(全9作品)において
監督作『ふたつのウーテル』が上映された。
Filmography
2009 アンナと二階の部屋 15min
    第3回TOHOシネマズ学生映画祭 ショートフィルム部門 グランプリ
    第32回ぴあフィルムフェスティバル エンタテインメント賞・企画賞

2009 ハイランド 68min
    第22回東京学生映画祭 グランプリ

2010 ふたつのウーテル Paternal Womb 15min
    第64回カンヌ国際映画祭 短編コンペティション部門 ノミネート
    2011 カバラン国際短編映画祭コンペティション部門正式出品
    2011 イタリアモリーゼシネマ出品
    2011 イタリアオーバールック映画祭出品
    2011 田辺弁慶映画祭 特別招待作品





↓田崎恵美監督(美人さん!)と主演の遠藤新菜さん(超カワイイ!)↓
tazakinina.jpg


↓監督と出演者の皆さん↓
shugo1.jpg


↓こちらから要求しているわけでもないのに、ポーズを決めてくれる出演者の皆さん↓
shugo2.jpg

shugo3.jpg

shugo4.jpg
↑左から、三浦英さん/真柳美苗さん/遠藤新菜さん(超カワイイ!)/石橋征太郎さん↑


朝の5時までうちあげに付き合ってくれた出演者の三浦英さん
『アウトレイジ ビヨンド』にもご出演されてます↓
miura.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chibaeigasai

Author:chibaeigasai
ちば映画祭実行委員会による
【ちば映画祭】の半公式ブログ

ご意見、お問い合わせは
chibaeigasai@hotmail.co.jp
まで

よろしく\お願いしまーす/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード