作品紹介④『にくめ、ハレルヤ!』

監督・板倉善之(2006年/75分)

4nikume.jpg


10年前、阪神大震災で両親を亡くし、祖母とともに叔父の家に引取られた青年・裕人。
しだいに震災の記憶もうすれ、平穏にくらしてきた裕人だったが、
ある日、認知症が進行してきた祖母の口から、
瓦礫の街の記憶、そこに<サキ>という妹がいたことが語られる。
祖母の話した<サキ>という名前だけの妹は、裕人を
再び震災と直面させることになる。そんなおり、街中で裕人と似た境遇の少女・沙樹と出会う。
沙樹は自分の妹<サキ>ではないのか...。
祖母の暗示のままに少女・沙樹を連れ出すと、2人の逃避行が始まった。


大阪市映像文化事業
第2回(シネアスト・オーガニゼーション・エキシビジョン大阪)
企画制作部門制作作品



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chibaeigasai

Author:chibaeigasai
ちば映画祭実行委員会による
【ちば映画祭】の半公式ブログ

ご意見、お問い合わせは
chibaeigasai@hotmail.co.jp
まで

よろしく\お願いしまーす/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード