村松 正浩 監督 特集 ①

村松正浩監督 特集“すこし不思議・ファンタジー?①”
~独特のフィクション世界とリアルな肌触り~

1997年ぴあフィルムフェスティバルにおいて、
発売されたばかりのデジタルビデオカメラで自主製作した『シンク』がグランプリを受賞。当時では異例の劇場公開となる。
2005年市川準監督作品『トニー滝谷』のメイキング・ドキュメンタリー『晴れた家』は本編と併せて劇場公開。
その後『けものがにげる』(2006年文化庁委託事業若手映画作家育成プロジェクト)、『スラッカーズ』を監督。
その一方、近年は俳優志望の学生たちとのワークショップを経て短編・中編映画を制作。
どの作品も俳優の持つ魅力を活かしつつ、フィクションを巧みに織り交ぜた世界観を見事に構築した
“すこし不思議な”傑作・秀作である。

この度そのワンダーランドを、二日にわけて特集上映!

2013年1月26日(土)上映 / 開場16:00 開演16:10 【監督来場予定】


『新しい人』

2004年/日本/36分/千葉県初上映

出演:大熊麻希、峯松徹、東佐和子、久保田紘平、花島和博、森本真司、金子薫、柳有美
渡部真理子、金親輝明、米澤弘行、川田雄二、工藤美紀子、藤枝直之、池田真由実
平野由紀、勝田愛


atarashii_03.jpg

シナリオのない「小さな旅」が、幽霊の存在感を確かにしていく

だらだらとした日常をやりすごす予備校の仲間たち。
ある日、一人の女子が交通事故で死んだという知らせが入った。
実際通夜も営まれたはずだが、女子は次の朝、いつものように予備校にやってきた。
女子は自分が死んだということは自覚しているのだが、「戻ってきた」理由はわかるはずもない。
残された時間の有無さえもわからないまま、仲間たちは彼女と共に短い旅に出る。





『グレイト・グランマ・イズ・スティル・アライブ』

2011年/日本/43分/千葉県初上映

出演:阿久沢麗加、矢野深雪、相田淑見、安本智、二ノ宮隆太郎、高尾瞳、國生九礼香、杉本香織、
皆川敬介、大木基、八田幸奈、菅野睦子、山田なつき、子安あずき、橋野純平、小林でび


grandma03.jpg

現実と夢。胡蝶の夢の、すこし目覚めて

田邊麗加と深雪の姉妹が暮らす旧家に、若者たちが休暇を過ごしに集まってくる。
ところが皆して麗加を「お婆ちゃん」などと呼び余計な気を遣うので、麗加の機嫌は最悪。
私は誰よりも若くてピンシャンしてんのに!







『兄兄兄妹』

2009年/日本/55分/千葉県初上映

出演:橋野純平、関口崇則、小竹原晋、林美里、川上望美、藤沢大輔、玉川佐知、石井麻衣子
宇田川大介、石橋玲子、前川瑞恵、安城りか、掛川祐二、金子尚人、福山由花、宮澤さくら
遠藤剛、深津愛、川那子洋介、馬道昴志、迫宏樹、神竹純平、大野賢太郎


aniani01.jpg

aniani02.jpg

その日から、お兄ちゃんは3人になりました

マチコはたった一人の兄・モトハルと一緒に暮らしている。
五年前のある朝を境に、マチコにはモトハルが三人に見えるようになった。
それでも平穏無事に暮らせていることを、恋人の小畑に語って聞かせるのだが、
よくわからないみたいだ。
でもマチコにはたった一つ気掛かりなことがあった。
モトハルが最近恋をしたようなのだ。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chibaeigasai

Author:chibaeigasai
ちば映画祭実行委員会による
【ちば映画祭】の半公式ブログ

ご意見、お問い合わせは
chibaeigasai@hotmail.co.jp
まで

よろしく\お願いしまーす/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード