あすなろ参上!

『あすなろ参上!』
2013年/日本/82分/千葉県初上映

監督/脚本:真利子哲也 ~監督来場予定~
出演:ひめキュンフルーツ缶、山田裕二(UZ YARMAN)、玉井英棋、山本剛史、ナノキュン、
愛媛のゆるキャラ(タルト人、しまぼう、バリィさん)

asunaro.jpg
(C) マッドマガジンレコード 徳間ジャパンコミュニケーションズ

~全国区夢見るご当地アイドルとゆるキャラが繰り広げる
青春爆発ストーリー!~

愛媛のアイドルグループ「アスナロA」は、プロデューサーの芳賀とともに精力的な活動をしている。
地元のゆるキャラを助けようとしてライブに遅刻するなど、ゆるくて純情な彼女たち。
一方、芳賀は東京からやってきた大手レコード会社の黒岩に、
ゆるキャラとアイドルを組み合わせた新ユニットの結成を提案される。
無理難題を強いられ解散の危機が迫るアスナロAだったが...。








asunaroblog1.jpg

asunaroblog2.jpg

asunaroblog3.jpg

asunaroblog4.jpg

asunaroblog5.jpg

asunaroblog6.jpg

asunaroblog7.jpg

asunaroblog8.jpg

asunaroblog9.jpg

(C) マッドマガジンレコード 徳間ジャパンコミュニケーションズ





スポンサーサイト

1月17日(金) 前夜祭

入場無料!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

開場 18:15 開演 18:30

~上映作品紹介~



千葉商科大学 しねま研究部
染谷麻衣 監督
『気づいたもの』 (15分)

kizuitamono.jpg

【制作】染谷麻衣
【出演】波多野和仁、副島麻樹、白石祥己、鈴木あさ美
-監督プロフィール-
2010年、千葉商科大学に入学。文化団体連合会しねま研究部に入部。
3C(3大学合同の大会)に作品提出。
2011年:作品「dernière」を先輩と共同制作。冬期3Cにて準優勝。
千葉映画祭の前夜祭にて上映
映画作成は部活を通じて学んだ。今年で卒業なので最後の作品となる。




大長陽二朗 監督
『眠れる海の美女』~Sleeping Beauty and Two Assholes~
(12分)

sleeping.jpg

【脚本/編集】大長陽二朗 【撮影】丸山宰 【制作】小野瀬聡、竹場萌、丹治勇哉
【特殊メイク】久幾田晶
【出演】大長陽二朗、鈴木友介(茨城大学演劇集団「風ノ街」)、荻原湖珠恵(プロフェッショナルファウル)
-監督プロフィール-
幼少期からジャッキー・チェンに憧れ、少林寺拳法・柔道・ボクシング・総合格闘技などを学ぶ。
2005年から茨城大学の映画サークルである「自主映画制作の会(通称:JEK)」に入会し、
映像制作を覚える。同時期に総合格闘技・キックポクシング・プロレスなどの試合に出始める。
2010年、茨城大学を卒業後、劇団にて映像制作や撮影をしながら自主映画制作を続ける。




沖田栄治 監督
『となり』
(8分)

tonari.jpg

【制作/脚本】沖田栄治 【撮影/編集】田中貴大 【イラスト】浅野暖子
【出演】荒川実里、品田誠
第四回武蔵野映画祭 ノミネート上映
-監督プロフィール-
2008年ニューシネマワークショップにて映画製作を学ぶ。
現在、田中貴大シナリオ講座にてシナリオの勉強中。
授業で書いたシナリオ『となり』を課外授業の一環として撮影する。




佐藤諭 監督
『夢野原』 (7分)

yumenohara.jpg

-監督プロフィール-
1982年7月12日 山形県酒田市生まれ。小学生の頃から自主映画を作り続け
「自主制作映画への道」
を完成させる。
その後も作品を作り続けるが公に出し始めたのは2011年から。




原田裕司 監督
『壁女』 (17分)

kabeonna.jpg

【出演】仁後亜由美、朝倉亮子、阪東正隆、伊藤公一

-監督プロフィール-
http://movie.walkerplus.com/person/207060/
37歳/神奈川県出身
シナリオ講座37期修了後、27歳でビデオカメラを購入し、独学で自主映画を撮り始める。
2011年制作「壁女」が国内映画祭で18冠を達成し、
2013年には世界最大の短編映画祭であるクレルモンファラン国際短編映画祭で
メディアテーク賞と審査員特別賞のW受賞する。
最新作は青春Hシリーズ第31弾「できる子の証明」である。




後藤博茂 監督
『ロンリープラネットボーイ☆』 ~予告編~ (2分)

lonelyplanet.jpg

【監督】沢村東次( 後藤博茂
【脚本】鳥海雄介/後藤博茂 【撮影】長野泰隆J.S.C.
【出演】朝倉健太郎(新人)瑞木詩絵(新人)田村駿介(新人)林祐太朗 柏原隆介 吉野圭祐
     玉井英棋 森下くるみ JAGUAR 三浦知之 土屋直子 三澤康平
-監督プロフィール-
思春期より抱いていた親や周りの大人に対する反発心
『きっと自分にはあいつらとは違う何かが出来るはずだ』という悶々とした想いをこじらせながらも、
映画俳優になりたい!映画を作りたい!という夢を諦めて家業である自動車の整備工場を継ぐ。
気がつけばいつしか自分もいい大人の仲間入り。
その昔、魂をわけあった仲間たち(言い過ぎか...)は着実に夢を叶え
商業映画デビューやらディレクションやらと華々しい活躍...。
そんなものを横目にチラチラと見ながら、2009年何かがスパークしてちば映画祭を立ち上げる。
当初の後藤にとっては表現手段であった ちば映画祭であったが、奇跡の様な人の繋がりに恵まれ、
良質な映画を上映していく ちば映画祭という本来の映画祭としてあるべき望ましい団体となる。
どこか自己表現の一環として映画祭を続ける後藤と、
本来あるべき姿である映画祭との距離感を感じていた中、
大好きな人の『映画撮れば…』の一言で、これまた何かがスパークして、
様々な方の協力を得て41歳(後厄)で初監督いきなり長編に挑戦。
現在、同作品を編集中、次の作品の準備中。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




開場 20:20(予定) 開演 20:30

hy4_4yh SPECIAL LIVE


chibahy4_4yh1.jpg


「選ばれし者の恍惚と不安、二つ我にあり!
ハイパーヨーヨはアイドル界のU系です!!」

-プロフィール-
2005年結成のユカリン、ユミコ、サダチからなる、綾小路翔氏(氣志團)をして
「今、日本で一番カッコいい女の子達!」といわしめた
「3人組のPUFFY」とも称される実力派元祖暴走オルタナティブ・アイドルユニット。
または元祖ギグ・アイドル!
3人3様のファニーかつチャーミング、さらにヤバくカッコいい、人なつこいチャーミングなキャラクターと
一度聴いたら頭から離れない確かな歌唱力と完成度の高い楽曲とが、
絶妙なブレンドを描き出し、唯一無二のハイパーヨーヨというジャンルを作り出している。
特に現在までに優に750本を超えるGIGは本格派ROCKアーティスト顔負けのパフォーマンスを展開し、
またユカリン&ユミコの2人によるMCもトークだけ聞きにくるファンもいるというぐらいトークスキルも高い。
作品としては、これまでにアルバム5枚。Maxiシングル16枚をリリース、
全作品オリコンデイリーチャートにチャートインを果たしている。
また、2012年よりHMVとがっちりタッグを組んだCDリリースを始めとする様々な展開や、
「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」との公式コラボソング、
「さんまのまんま」のエンディングテーマ曲などへの起用、
ビーチバレーJBVツアー2012のオフィシャルサポーター&ソングにも選出され、
更に2013年4月には日本のFUNKOTシーンの第一人者である高野政所a.k.a.DJ JET BARON 氏を
トラックメイカーに迎え、宇宙一アガる!ヤバい!ハイパー・FUNKOT・ダンスチューンをリリース!
奇才アーティスト江崎マサル全面全力プロデュースのもと、まさにハイパーに絶賛活動中。

http://www.thelabel.jp/hy4_4yh/

chibahy4_4yh2.jpg



パンツの穴

『パンツの穴』
1984年/日本/112分

監督:鈴木則文 脚本:中本博通・茜ちゃん

出演:山本陽一、菊池桃子、田中浩二、矢野有美、岩本宗規、笠原潔、山中康仁、河合宏、豊原功補、
服部真湖、清水章吾、小島三児、出光元、井川比佐志、春川ますみ、ハナ肇、土田早苗、
高沢順子、白木万理、相田寿美緒、島田洋七、かわいのどか、マリアン、たこ八郎、
武田久美子、上田馬之助、武田鉄矢(ナレーションのみ)、大竹かおる、八神康子、魔夜峰央

~THIS IS 青春エンターテイメント!“クソまみれの純情”巨編~
博多から東京八王子近辺の中学校へ、ムキンポのあだ名を持つ少年が転校してきた。
友達と組んでイタズラしたり、憧れの美少女に思いを寄せたり、新しい生活にもすぐに慣れた。
そんなある日、ムキンポは高校生の番長グループとトラブルを起こしてしまい、
彼らと対決せざるをえない羽目になる...。
中高生向け月刊誌「BOMB!」の読者体験の投稿欄を原案に、
鬼才・鈴木則文監督がパワフルに映画化した、ちょっとエッチな青春エンターテインメント。
当時16歳の菊池桃子の映画デビュー作。

pantuno1.jpg

pantuno2.jpg

pantuno3.jpg

pantuno4.jpg

pantuno5.jpg
(C)(株)ヒューマックスシネマ



チケット

  各種前売券は11月29日(金)より販売いたします

・1作品券 前売1.000円 当日1.200円
  (※ 日付指定/購入時の作品指定なし)
・2作品券 前売1.600円 当日2.000円
  (※ 日付指定/購入時の作品指定なし/同日上映の2作品有効)
・1日通し券 2.600円
  (※ 日付指定/前売のみ)

  ~全席自由・各部入替制~

  プレイガイド
千葉市民会館  TEL 043-224-2431
千葉市文化センター  TEL 043-224-8211
千葉市若葉文化ホール  TEL 043-237-1911
千葉市美浜文化ホール  TEL 043-270-5619
千葉市男女共同参画センター  TEL 043-209-8771
京葉銀行文化プラザ  TEL 043-202-1790




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

メールにてチケットの事前予約受付を行います
  ~2013年11月29日より2014年1月10日まで~

-----------------------
【1月18日(土)】1作品券  1.000円 X(  枚)
【1月18日(土)】2作品券  1.600円 X(  枚)
【1月18日(土)】1日通し券 2.600円 X(  枚)

【1月19日(日)】1作品券  1.000円 X(  枚)
【1月19日(日)】2作品券  1.600円 X(  枚)
【1月19日(日)】1日通し券 2.600円 X(  枚)


・お名前
・お電話番号

-----------------------


上記点線内のテキストをコピー&ペーストしていただき、
「枚数」「お名前」「お電話番号」をご記入の上、
下記アドレスにメールをご送信ください。


chibaeigasai@hotmail.co.jp

折り返し、こちらから確認のメールを返信いたします。
※3日以上こちらから返信のない場合は、上記メールアドレスまでお問い合わせください。
※携帯電話のメールをご利用のお客様は、上記アドレスからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
※チケット代金は、当日会場にてお支払ください(手数料はかかりません)。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


  ご注意

※18日(土)、19日(日)ともに、10:30から当日上映の全作品の「入場整理券」を
 会場にて配布します(チケットをご提示ください)。
※全作品、ご入場は整番号順です。
 開場時にいらっしゃらない場合「入場整理券」は無効となりますのでご注意ください。
※満席の際及び上映開始後は入場をお断りする場合がございますのでご了解ください。
※ゲストの来場は変更・中止がございます。
※就学前児の入場はできません。



「ちば映画祭」公式サイト http://chibaeigasai.com


  お問い合せ

ちば映画祭実行委員会 代表・後藤 090-2657-6914
千葉市民会館 043-224-2431
ちば映画祭実行委員会 副代表・石井 chibaeigasai@hotmail.co.jp



山戸結希監督特集 “真実の少女映画をあなたに” ②

山戸結希監督特集
“真実の少女映画をあなたに”②


山戸結希監督特集 “真実の少女映画をあなたに”①
はコチラ↓
http://chibaeigasai.blog92.fc2.com/blog-entry-367.html



『おとぎ話みたい』
2013年/日本/51分/千葉県初上映

監督/脚本:山戸結希 音楽:おとぎ話
出演:趣里、岡部尚、おとぎ話、小林郁香、椎名琴音、前田多美、井土紀州

MOOSIC LAB2013グランプリ&最優秀女優賞&ベストミュージシャン賞

otogibanasi.jpg
(C)2013 寝具劇団+MOOSIC LAB

~どのように愛すべきか?どのように夢見るべきか?
そして恒久の退路、愛か、夢かの別れ道。全ての夢見る少女の決定版~

知らなかった、知る由もなかった!かつて少女は映画を撮らなかった。
かつて少女は、ほんとうの映画を観ることはできなかったのです!
私たちの自画像のような映画は無かった、私自身を鏡のようにスクリーンを見つめられたら、
私の輪郭を物語の中に崇められたら、陥れられたなら。
どれだけ幸せだったでしょうか、どれだけ救われたでしょうか?
見たかった光、聞きたかった音楽、触りたかった、あの途方へ。
愛と夢の渦中に生きているあなたよ。真実の少女映画、必ずあなたに届けます。
『おとぎ話みたい』だって、いつでも笑ってばかりの君に。

公式サイト http://www.otogivanashi.com/movie.html



プロフィール

chibaeigasai

Author:chibaeigasai
ちば映画祭実行委員会による
【ちば映画祭】の半公式ブログ

ご意見、お問い合わせは
chibaeigasai@hotmail.co.jp
まで

よろしく\お願いしまーす/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード