【前夜祭】 上映作品紹介

千葉商科大学 しねま研究部




大長陽二朗 監督
『眠れる海の美女~Sleeping Beauty and Two Assholes~
(12分)

sleeping.jpg

【脚本/編集】大長陽二朗 【撮影】丸山宰 【制作】小野瀬聡、竹場萌、丹治勇哉
【特殊メイク】久幾田晶
【出演】大長陽二朗、鈴木友介(茨城大学演劇集団「風ノ街」)、荻原湖珠恵(プロフェッショナルファウル)
-監督プロフィール-
幼少期からジャッキー・チェンに憧れ、少林寺拳法・柔道・ボクシング・総合格闘技などを学ぶ。
2005年から茨城大学の映画サークルである「自主映画制作の会(通称:JEK)」に入会し、
映像制作を覚える。同時期に総合格闘技・キックポクシング・プロレスなどの試合に出始める。
2010年、茨城大学を卒業後、劇団にて映像制作や撮影をしながら自主映画制作を続ける。




沖田栄治 監督
『となり』
(8分)

tonari.jpg

【制作/脚本】沖田栄治 【撮影/編集】田中貴大 【イラスト】浅野暖子
【出演】荒川実里、品田誠
第四回武蔵野映画祭 ノミネート上映
-監督プロフィール-
2008年ニューシネマワークショップにて映画製作を学ぶ。
現在、田中貴大シナリオ講座にてシナリオの勉強中。
授業で書いたシナリオ『となり』を課外授業の一環として撮影する。




佐藤諭 監督
-監督プロフィール-
1982年7月12日 山形県酒田市生まれ。小学生の頃から自主映画を作り続け
「自主制作映画への道」
を完成させる。
その後も作品を作り続けるが公に出し始めたのは2011年から。




原田裕司 監督
http://movie.walkerplus.com/person/207060/
-監督プロフィール-
37歳/神奈川県出身
シナリオ講座37期修了後、27歳でビデオカメラを購入し、独学で自主映画を撮り始める。
2011年制作「壁女」が国内映画祭で18冠を達成し、
2013年には世界最大の短編映画祭であるクレルモンファラン国際短編映画祭で
メディアテーク賞と審査員特別賞のW受賞する。
最新作は青春Hシリーズ第31弾「できる子の証明」である。





後藤博茂 監督
『ロンリープラネットボーイ☆』 ~予告編~ (2分)

lonelyplanet.jpg

【監督】沢村東次( 後藤博茂
【脚本】鳥海雄介/後藤博茂 【撮影】長野泰隆J.S.C.
【出演】朝倉健太郎(新人)瑞木詩絵(新人)田村駿介(新人)林祐太朗 柏原隆介 吉野圭祐
     玉井英棋 森下くるみ JAGUAR 三浦知之 土屋直子 三澤康平
-監督プロフィール-
思春期より抱いていた親や周りの大人に対する反発心
『きっと自分にはあいつらとは違う何かが出来るはずだ』という悶々とした想いをこじらせながらも、
映画俳優になりたい!映画を作りたい!という夢を諦めて家業である自動車の整備工場を継ぐ。
気がつけばいつしか自分もいい大人の仲間入り。
その昔、魂をわけあった仲間たち(言い過ぎか...)は着実に夢を叶え
商業映画デビューやらディレクションやらと華々しい活躍...。
そんなものを横目にチラチラと見ながら、2009年何かがスパークしてちば映画祭を立ち上げる。
当初の後藤にとっては表現手段であった ちば映画祭であったが、奇跡の様な人の繋がりに恵まれ、
良質な映画を上映していく ちば映画祭という本来の映画祭としてあるべき望ましい団体となる。
どこか自己表現の一環として映画祭を続ける後藤と、
本来あるべき姿である映画祭との距離感を感じていた中、
大好きな人の『映画撮れば…』の一言で、これまた何かがスパークして、
様々な方の協力を得て41歳(後厄)で初監督いきなり長編に挑戦。
現在、同作品を編集中、次の作品の準備中。



山戸結希監督特集 “真実の少女映画をあなたに” ①

山戸結希監督特集
“真実の少女映画をあなたに”①

上智大学在学中に映画研究会を立ち上げ、2012年、独学で撮影した処女作『あの娘が海辺で踊ってる』が
第24回東京学生映画祭審査員特別賞を受賞し、自主上映が異例の大ヒットを記録。
雑誌「FRIDAY」の“今年来る顔16人”に選出される、最も注目すべき若手映画監督のひとり。
最新作『5つ数えれば君の夢』が2014年公開予定。
繊細かつ怒涛の感情表現が切実に迫り来る。心を鷲掴みにする。
時に想いは時間や空間をも越え、飛翔する。
その輝く結晶の4作品(2プログラム)、千葉に舞い降りる。
監督来場予定!




『あの娘が海辺で踊ってる(完全版)』
2012年/日本/50分/千葉県初上映

監督/脚本:山戸結希
出演:加藤智子、上埜すみれ、若月悠、福本一馬

第24回東京学生映画祭 審査員特別賞

anokoga.jpg
(C)2012 上智映画研究会

ひと夏の成熟 ~感情を揺さぶる渾身の処女作~
熱海に住む女子高生2人、男子高生2人の夏のストーリー。
AKBに憧れる自意識過剰な美少女舞子は海辺の田舎町で浮いている。
日本舞踊が趣味の「ホトケの菅原」だけが唯一の友達であり、強烈な依存関係に陥っている。
そんな中、三味線部の笹谷、古野との出会いは契機となる。
その音色が響いた時、彼女達が迎えるひと夏の成熟を描く。
思春期の少女の複雑な心情をダイナミズム溢れる撮影と音楽で紡ぎ出す。
暴力的なキャメラは主人公の心象風景そのものへと一体化し、
遂には空や海までもが呼応し始め、映画の少女に加担する。






『Her Res~出会いをめぐる三分間の試問3本立て~』
2012年/日本/12分/千葉県初上映

監督/脚本:山戸結希
出演:飯島みなみ、上埜すみれ、今村貴子、由比絵理子、加々美文康

herres.jpg
(C)2012 寝具劇団

~試問形式で問いかける、運命の人との正しい出会い方~
凄まじい情報量が応酬する各3分×3つの物語と、クライマックスで爆発する終問歌の奇跡。
かつての8mm映画のごとく危うさに満ちた画面をハイスピードに潜り抜け、
デジタル時代の懐かしい少女に新しく出会う、言葉にならないポップで異様な映画体験。




『映画バンもん!
 ~あなたの瞬きはパヒパヒの彼方へ~』

2012年/日本/20分/千葉県初上映

監督/脚本:山戸結希
出演:バンドじゃないもん!、稲葉友

eigabanmon.jpg
(C)2012 WARNER MUSIC JAPAN

~実験性と娯楽性、少女のおかしみときらめきが激しく儚く交差する~
ある日突然、美少女戦士バンドじゃないもん!になってしまったごく普通の13歳の少女の戦いと葛藤の日々。
過去2作から引用されたモチーフが、撮影の猪本雅三(『M/OTHER』など)によって光に彩られ、
音楽・編集と加速的に共謀し、エモーショナルに狂い咲く。






田崎恵美監督作品集“その眼差しの先へ”

田崎恵美監督作品集
“その眼差しの先へ”

お茶の水女子大学に在学中の2007年に早稲田大学映画研究会に入り、自主映画を監督するようになる。
待望の最新作『海にしずめる』ほか、
カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門にて上映された『ふたつのウーテル』など珠玉の短篇を上映。
監督来場予定!

『海にしずめる』
2013年/日本/53分/千葉県初上映

監督:田崎恵美 脚本:横川僚平、田崎恵美
出演:遠藤新菜、三浦英、石橋征太郎、北村岳子、真柳美苗、小宮一葉、田村健太郎、
宮部純子、カトウシンスケ、藤田健彦、藤田みか

umini1.jpg

娘かもしれない少女の訪問 ~なかったことに出来ますか?~
過去に目を瞑り現在を生きる兄弟の元へ、ある日1人の少女がやって来る。
自分の本当の父親を知りたいと言うその少女は、兄弟のかつての幼馴染みの女に瓜二つであった。
互いに心当たりのある兄弟は、父親かもしれない自分に困惑する。
動かしようのない過去の“棘”が痛む。一方、それでも現在の営みは存在する。
事実を前にした家族への眼差しの妙。その優しさの均衡や、軽やか且つ落ち着いた余韻が素晴らしい。
物語の後半部分を撮影した千葉県富津市のロケーションも印象に残る。

umini2.jpg




『ふたつのウーテル』
2010年/日本/15分/千葉県初上映
監督/脚本:田崎恵美 出演:水口早香、澤田栄一

第64回カンヌ国際映画祭 短編コンペティション部門ノミネート/第5回田辺弁慶映画祭 特別招待作品

futatunou1.jpg

~はじめてつながる二つの命~
明里は、母の遺品のトラックで、自分を捨てた父親に会うため町を後にする。
一方、その父親の新しい家庭の長男である広太は、自分の立場と父親に嫌気がさしていた。
異母兄弟のふたりが出会い、気まずい小旅行が始まった。
二つの昼と夜を越えてつながりだす姉弟の絆を、
抑えた演出と冷静に見つめる落ち着いたカメラワークとで描いた作品。





futatunou2.jpg

futatunou3.jpg




『アンナと二階の部屋』
2009年/日本/15分/千葉県初上映
監督/脚本:田崎恵美 出演:本多由佳、橋口勇輝、小山駿助、橋本沙瑛、千石麻里子

第32回ぴあフィルムフェスティバルエンタテインメント賞&企画賞
第3回TOHOシネマズ学生映画祭ショートフィルム部門グランプリ

annato1.jpg

~「平成・借りぐらしのダメ女」ともいうべき奔放な女性~
恋人ありの男と付き合うこと以外、損得の判断でしか日々を生きていない女。
そんな彼女を軽やかに泳がせる、生きた人間描写の弾む楽しさ!

annato2.jpg

annato3.jpg



ポーとミーのチャチャ

『ポーとミーのチャチャ』
2012年/台湾/中国語(字幕)/101分/関東圏初上映

監督:ヤン・イーチェン、ジム・ワン 脚本:ヤン・イーチェン
出演:ホアン・ペイジア、ポール・チャン、オウヤン・ルン、ジャン・シーイン、リー・チーチ

第14回台北映画祭 最優秀作品賞&最優秀脚本賞
第8回大阪アジアン映画祭 ABC賞&来るべき才能賞(ホアン・ペイジア)

potomi1.jpg

~台湾発!双子が織りなす青春ラブコメディ~
双子のポーとミーは身長も体重も成績も同じで、誰も見分けがつかない。
しかし初恋をきっかけにそれぞれのアイデンティティに悩むことになる・・・
第8回大阪アジアン映画祭や第5回沖縄国際映画祭で上映された
台湾映画を関東圏で初上映!(もしかして国内最後?)
思春期の少女を、双子という設定をフルに活かし、明るく楽しく爽やかに描く。
そしてその双子を二役で演じたホアン・ペイジアさんの可愛さと言ったら!!
- 字幕協力:大阪アジアン映画祭 -





potomi2.jpg

potomi3.jpg

potomi4.jpg

potomi5.jpg

potomi6.jpg


故郷の詩

『故郷の詩』
2012年/日本/71分/千葉県初上映

監督/脚本:嶺 豪一  ~監督来場予定~
出演:嶺豪一、飯田芳、林陽里、岡部桃佳、後藤ひかり、山本圭介、
佐藤悠玄、中村祐太朗、広木健太、森岡龍

第24回東京学生映画祭 グランプリ&観客賞
第34回ぴあフィルムフェスティバル 審査員特別賞

kokyounouta1.jpg

~大学生活はむちゃくちゃだった!だから楽しく、そしてほろ苦い~
映画のスタントマンを夢見る大学生・大吉は、故郷に彼女を残し上京、寮で生活を送っている。
同郷の映画監督志望の天志と一緒に作品を撮ろうとするが、ほとんどは酒やナンパに明け暮れる日々。
熊本出身の学生のための寮『有斐学舎』を舞台に、青春の焦燥や迷い、
監督も生活していた寮への想いをエンターテイメントとして昇華させた広く楽しめる作品。
くらえジャッカス魂!!





kokyounouta2.jpg

kokyounouta3.jpg


プロフィール

chibaeigasai

Author:chibaeigasai
ちば映画祭実行委員会による
【ちば映画祭】の半公式ブログ

ご意見、お問い合わせは
chibaeigasai@hotmail.co.jp
まで

よろしく\お願いしまーす/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード